万が一の事態に!小児救急電話相談#8000は知っておこう

小児救急でんわ相談

スポンサーリンク

我が子の急な発熱やけいれんなど、自分だけの判断では対応に困ることも多いかと思います。そこで今回は万が一の事態に心強い小児救急電話相談事態についてご紹介します。

小児救急電話相談事態とは?

  • まだ小さいお子さんをお持ちの保護者の方が、休日や夜間の急な子どもの病気にどのように対応したらよいか判断に迷ったときに、小児科のお医者さんや看護師さんに電話で相談できるサービスです。

  • この事業は全国同一の短縮番号 #8000 をプッシュすることにより、あなたがお住いの都道府県の窓口に自動転送されます。小児科のお医者さんや看護師さんからお子さんの症状に応じた適切な対処方法や受信する病院のアドバイスを受けることができます。

小児救急電話相談事業実施状況

  • 携帯電話からの受け付けが可能か?
  • 実施の時間帯
  • 窓口担当課名および電話番号

などなど、厚生労働省のホームページに詳細が載っていますので、そちらをご確認ください。

まとめ

子どもの急な病気のときは冷静な判断ができなくなるものです。
今回ご紹介した #8000 を頭の片隅に入れておけば、いざというときの心強い味方になってくれるでしょう。

アイキャッチ出典:http://www.mhlw.go.jp/

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /